珈琲の話

cafe螢明舎の珈琲は
味としての表現をブレンドに象徴しています
ストレート珈琲は「味のイメージ」を構成する素材達
それに向けてどのような選定、焙煎、調合、抽出をしてゆくのか…



Img_9aa81d57dbe63ecb004600fe55b9f397
Img_5748efdeacf9e5f2498265c3e3d18e9a
Img_d2c9efbfc2fcb3ff872f6121e7d3b144
ロースターは世界で流通しているなかでも
ほんの一握りといわれる極上の豆を手に入れる事から
仕事としての歴史、経験値を主張します

選ばれた豆たちは
セラー(温度、湿度を管理された蔵)でエイジング(熟成、醗酵)
緑色の農産物としての出生を昇華させ
褐色の「味としての素材」に変貌いたします

そして、それぞれの産地がもたらす個性やポテンシャルを
五感を摺り合わせるようにゆっくりと
深く深く焼いてゆくのです

センサーはロースターの掌であり
情念ともいえる経験の技
それをフレンチローストというのであれば
きっとそうなんでしょう……
cafe螢明舎では
ネルのハンドドリップを用います
中世からの伝承は、純度の高い、濃厚な味わいとして抽出
専用ポットでデキャンタージュする事で
ボディーの立ち上がりを待ちながら味を落ち着かせます

抽出後30分〜3時間ぐらいの間に
味としてのピークが訪れるように目安を置くのですが
抽出のテクニックが求められます

時間の経過は世界中から遣って来た個性たちに
調和をもたらし、円やかで平和
コクの深い味わいとなって姿を現します

デキャンタ用ポットとから
一人前120ccをイブリック(加熱用専用鍋、手打ち銅製です)に移し
60〜65℃に温められサーブされます

様式を踏まえ
より単純に磨き上げること

それが
cafe螢明舎の仕事です。
Img_92617258f8ed0f025478e093f3fe19b3
Img_dc7487f5184eb049b733b2b1952032ae