珈琲の楽しみ方について

Img_d5498041a01cef0051f7ddcf9a86b554
ご自由にどうぞ!
・・・と言うのが本音です(笑)

というのでは「HPを作った意味がないでしょ」と
若いスタッフに叱られそうなので
ひとつの意見として能書きにお付き合いください
ある映像作家に
「珈琲に詳しくなるにはどうすればいいの?」と聞かれました
「私だって知ってる事しか知りませんし、そんなの解りませんよ」
「ただ想像するに、毎晩何作ものDVDを見たところで、
果たして映画通になれるでしょうか」
そんな禅問答で大笑いいたしました

「珈琲の味の深さは、その方の人生観や経験値、
なにより日々楽しむ心に正比例する」

とは先人のお言葉です
味や形に定点を見出すことではなく
(そんなものは有り得ないと思いますが)
イマジネーションを刺激してくれる触媒として
多様な琥珀色の世界を楽しむことが
貴重な経験へと導いてくれる
少なくとも、私はそう信じております
Img_b1c21b9e861a05bea01c53dcc3dffb17
しかし、この部分を掘り下げると大変なことになるので(笑)
「cafe螢明舎限定の嗜好品」としてお話しさせてくださいね
Img_62cd090e29d3971d0e091867f607df24
Img_87d622ea57b1a183e0121c2207d74d72
「珈琲の話」でも書きましたが
cafe螢明舎ではブレンドが生命です

ロア・ブレンドはソフトなタイプ(コクとやや酸味を帯びた甘味)
ケア・ブレンドはストロングなタイプです(コクに苦味が調和した甘味)

どちらも濃度は同じなのですが、豆の種類、焙煎の度合いも
それぞれまったく違います(詳細は秘密ですよ…笑)
お好きな方はブラックをお勧めします、純度の高い珈琲の
トロリとした濃度と糖質を味わって頂けると思います

cafe螢明舎のブレンドは、お砂糖とクリームを入れることで
お菓子のような個性を発揮します
お砂糖は純度の高いザラメ、クリームは
乳脂肪分45%の生クリームを使っています
珈琲の力強さに負けないように行き着いた
レシピなのですが、少し技がいります(笑)
①まずザラメをお好みでいれて頂きよく撹拌してください
(ザラメゆえ溶けにくいのです)
②次に生クリームのピッチャーを食器のふちに当て、
 滑らすように注いでください
 生クリームは珈琲の表面に浮かび乳白色な表面が出来上がります
(生クリームゆえ冷たくなっています、
 かき混ぜてしまうと珈琲の温度も下がってしまいます)
③そのままお口に運んでいただければ、口の中ですべてが交じり合い
 ハーモニーの出来上がり

カフェ・オ・レもおすすめです
こちらは乳脂肪4・4%(濃いでしょ…笑)
コン・レ・チェはこの牛乳を楽しんでください
隠し味が決め手なんですよ


「お菓子の話」でも書きましたが
珈琲とお菓子のマリアージュも是非お試しください
ハーモニーが絶品です

そうそう、最近コーヒーカップにスプーンを入れたまま…
という風景をよく拝見いたします
私にはとてもエレガントには思えないのですが
これはマナーなんでしょうか
その理由をどなたかご存知でしたら教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします
Img_fcd0b78f3141e45773bbf4b678d1ed5c
Img_2eeb07adc519b1665497c69a1d022434