高校野球

58年ぶりの夏が終わった

彼らのおかげで3度校歌を歌うことができた、そして、3度泣いた

不思議な学校である、母校愛、選手たちには息子のような感情移入ができるのである

(ロッテの未来のエースは幼馴染の息子ゆえ当然ではある)

短いイニングで攻め込まれる後輩たちに「頑張れ」と泣けた

エースはノーシードのチームを県大会1回戦から投げ抜いてきた

ベンチでうずくまり、氷を首にあて・・・

選手たち、感動の夏をありがとう

私の息子は、市原のクラブチームに所属している

きょうはU-13のリーグ戦、ポジションはサイドバックだそうだが

この暑さ、長友のように頑張れるだろうか

熱い一日になってくれればよいのだが。。。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です