石川さゆり

ういすき~~が・・おすきでしょ~~

鳥肌がたってしまう

星野道夫さんが他界される数年前、大晦日のカウンターにて
「なぜ石川さゆりが素晴らしいのか」の会話を思い出します
「紅白のトリは石川が相応しい」の結論は深く共感を得るものでした

昨晩、深夜のNHKで「くるり」の京都での音楽祭を放映しておりました
なんとそこに石川さゆりが!!
アコースティックなバンドでややジャジーに「津軽海峡冬景色」です

最初のワンフレーズで、会場を埋め尽くす若者たちから
憧れとも感嘆とも思える「ぅわ~」のため息と歓声
くるりのリーダーが「富士ロックに登場した二ール・ヤングに匹敵する感動」と表現していました

あの日、星野さんと交わした会話を思い出しながら
やはり彼女の図抜けたクロスオーバー振りを確信する歌声でした
石川さゆりは素晴らしい。。。

螢明舎にも沢山の若者が訪れてくれます
中世を引きずったド演歌とも言える仕事ですが
石川さゆりのように「ぅわ~」と思ってもらえるのでしょうか

世代を超える歌声になれればいいな~。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です