美味しいコーヒーくださいな。

螢明舎の、急な階段をえっちらおっちら
杖を頼りにお見えになる客様
白髪に刺繍のお帽子が何時もながらとてもお洒落な佇まいです

「美味しいコーヒーくださいな」

やわらかな微笑みのお声は力強く
窓の外を眺めながら静かにケア・ブレンドを嗜まれる風情が
深く深く人生を醸し出され、とても素敵です

集中していた近くのPCかちゃかちゃ勉強女子の手が止まり
それまで傍らでお邪魔そうであったコーヒーカップを掌で包み込むように
背もたれに「ふぅ~・・・」とひとくち

お互いに視線を感じたのかかるく会釈をされていました

情緒が世代を超えてゆく瞬間
「珈琲屋を営むってこういう事なのかもな~」

なんて思えたひとときでした。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です