谷津バラ園のシーズンです!

みなさ~ん!!

習志野市の貴重な文化遺産「谷津バラ園」がそろそろ満開のシーズンを迎えます
今年は天候が思わしくなく遅れ気味でした・・・
(じつは温暖化が囁かれる以前は6月中旬以降でしたが)

八千代台の京成バラ園なんて問題じゃない完成度です
(なにせ、八千代台は谷津のバラ園を維持するための株置き場でしたから)

マスコミも、「本当は谷津バラ園の取材をしたい」そうなのですが
「谷津は市の管轄になって以来取材の手続きが煩雑すぎ」

したがって、「電話一本ですむ八千代台」が簡単と
TVでの露出が極端に減ってしまいました

秋のバラなんて可愛そうなぐらい人がいません・涙

赤字続きで閉園のうわさもちらほら・・・
市はいったい何をやっているのでしょう
貴重な財産への認識が無さ過ぎです

HPではミスターローズとまで呼ばれた故鈴木省三さんの名前すらでてきません
http://www.city.narashino.chiba.jp/konnamachi/kanko/yaturose/profile.html

おっと!!暴走してしまいました(笑)

鈴木さんの弟子が一生懸命維持している文化遺産「谷津バラ園」を
再認識して頂くための活動は、今後とも具体的にしてゆきたいものです

ともあれ
美しく咲き誇るバラ達をどうぞご鑑賞、愛でてあげてください。

また、シーズン中はお店がごった返してしまいます
静けさをお求めのお客様には大変ご迷惑をおかけしますが
何卒、お許しいただきたく、お願い申し上げます。

カフェ・グラッセのシーズンが始まりました。

お待たせしました!

待望のお声をいただきながら・・・
やっと『カフェ・グラッセ』のシーズンです

コクのふか~い透明感のある味わい

私たちスタッフも、久々の『カフェ・グラッセ』に
しみじみと美味しいな~と思える一品です

若干の甘味を付けておりますが
100ccに対し、たった2gのお砂糖なんです
そう、ほとんどは珈琲豆の等分、カラメル質なんです

カラメル、そう、プリンにかかっているカラメルです
エイジング・ビーンズはこのカラメル質を抽出するのが命
特に『カフェ・グラッセ』はもっとも深く演出された珈琲の糖分なんです

ブラックがお好みであればダッチ珈琲のすっきり感

冷たい珈琲として深い味わいをお求めであれば
是非、『カフェ・グラッセ』をお試しください。