刻まれた白ワイン②

母親と息子が経営しているというリストランテを探し当て
遅めの昼食をこの日の目的としました

しかし、こんな寂れたところにお店なんてあるんだろうか・・・

発見!広場に面した古めかしい石造りの1階部分
いったい何世紀の建物なのか
けして美しくはないが堅牢な印象である

重そうなドアを開け足を踏み入れると
洞窟に入ったようなひんやりとした空気が
外の熱射から一線を引いてくれた

差し込む日差しだけが漆喰に反射している
薄暗く柔らかな雰囲気
夜にはローソクの灯火だけなのだろうか

中央には大きな暖炉があった(ここでグリルでもするのであろうか・・・)
何の飾り気もなく古めかしい空間だが
テーブルクロスが清潔感を演出してくれ、とても心地よい

やさしい微笑の老ギャルソンのお出迎、席へと案内してくれた
他にスタッフは見当たらないが、厨房辺りに小さな老婆が白い前掛けをして微笑んでいらっしゃる

「え!?」もしやこのお二人が母親と息子なの・・・
80歳は過ぎていよう母、息子だっておそらく60代でではなかろうか

へ~
ヨーロッパの「営み」
石の暮らしってこうゆう事なんだな~

なんだか感慨深かった。

さて、件の老ギャルソンが分厚いメニューとワインリストを運んできてくれた
ゆったりとした接客振りは深い経験と人柄をを感じさせ
旅の緊張を解き放ち、懐で休ませて頂くような安心感を醸し出している

イタリア語はガイドブックレベル、英語だって3歳児の私である
アメリカでは小馬鹿にされ危険極まりないが
ヨーロッパでは困ったことがほとんど無い、まったく迷惑な旅行者である

書いてあることはなんだかよく解らないので総てお任せすることにした(笑)
こんな上等な居心地に、身を委ねるのは何の躊躇もいらない

彼も総てを察してくれたのか、ウインクをして去っていった。

刻まれた白ワイン ①

旅の瞬間はいつでも記録に残したいことばかりです
とくにヨーロッパではあらゆる刹那が刺激的でいけません

ある時、気がつくとシャッターを押している自分がいました
接点はファインダーの中ばかり、切り取られた世界に埋没しておりました

カメラはやめよう・・・

すべては五感に委ねるべきであり、六感に従って行動しよう
そう決めたのです。

サン・ピエトロ大聖堂を正面に、広げる翼の左側をテレベ河の方向に歩いていった
強烈な日差しと乾燥、石畳からの照り返しが体力を奪う
行き当たりばったりは大変である

いったいどのくらい歩いたのであろうか
古そうな町並みに出っくわした、いや古いというよりは
体裁のひとつも感じられない日常に出っくわしてしまった

路地には洗濯物がはためき、シエスタなのか小さな広場にも人気はない
カフェの日傘は傾き、散らかった椅子が
喧騒の観光エリアでは無い事をはっきりと教えてくれている

そうか!ソフィアローレンがいるローマなんだ

洗い晒しのよれたワンピース、乱れた髪を無造作に掻き揚げながら
走り去る子供を大声で叱り、出かけようとする男も容赦なくナジリる

「あんた!今日はまっすぐ帰ってくるんだよ!」
「夜だってロクな仕事をしやしないんだから!!」
尻をバシッと叩かれ、たからかな笑い声が聞こえてくる・・・そんな風景

オードリー・ヘップバーンではないローマの風景なんだ。